スポンサードリンク

2016年03月29日

住宅ローン金利 今後

日銀の政策でもあるマイナス金利
おかげで住宅ローン金利が大幅に低下↓

マイホームの取得を考えている人は朗報ですね
今がチャンスともいえます

せっかくマイホームを購入しても
「ローンに一生縛られる」
じつは都市伝説ともいわれます
完済まで平均14年というデータがあるんです

マイホーム取得の大きなチャンス
今後も訪れることがある?
いちど検討してもいいかも知れません♪

住宅ローン金利 今後.jpg



【関連する記事】
posted by まる at 13:26| 住宅ローン 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

住宅ローン控除 年末調整 確定申告

住宅ローン控除!
正式名称は住宅借入金特別控除です


これは、税金が戻ってくる制度です
毎年の住宅ローンの残債の1%が10年間戻ってくる制度
直接お金が戻ってくるわけではありません
所得税が戻ってくるのです

毎年払っている所得税が住宅ローンの残債の1%より少ないと
住民税からも控除されます
ただし、住民税は上限額があり¥136,500円が上限となっています

この制度を活用すると!
住宅ローンの約10%を国が払ってくれるのと一緒です
例えば3000万の住宅ローンを組んだら300万は税金が帰ってくるんです

こんなオトクな制度を利用するために・・・
サラリーマンなら「年末調整」があります
ホントは確定申告をしなくていいのです
ただ、住宅ローン控除を受けるための手続きだけは違います
会社を通じた手続きである「年末調整」ではできないのです

自分で税務署に行き手続き(確定申告)しないといけないのです
住宅ローン控除を初めて適用される人は必ず確定申告をしましょう
そうすれば、2年目以降は勤務先の年末調整で処理が完了します

住宅ローン控除 年末調整.jpg




posted by まる at 08:36| 住宅ローン控除 年末調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

住宅ローン 計算

●住宅ローンの計算、借り換えのコツ

借り換えをするとき
前の住宅ローンより新しい住宅ローンの方が金利が安いこと
これが基本的な絶対条件です
一番のメリットは、毎月の支払いが減ること

今までより1%以上金利の安い住宅ローンを選びましょう
注意すべき点としては、返済の済んでいない住宅ローンが1,000万円以上残っていること
ローンの残金が少ないと、借り換えのメリットを発揮できません


●借り換えたらこんなことができる

・日々の支払い額を引き下げること
・借り入れ期間を短縮すること
・自己資金を投入して借入総額を減らすこと

ちょっとした工夫で返済総額を減らすことができる
変動金利だった住宅ローンを固定金利に変えることもできる
ただ、今後金利が上がる可能性を考えてから決断しましょう

変動金利の住宅ローンでは、将来にわたって不安を感じますよね
将来の返済金利の数字がわからないので返済総額の見通しがハッキリしません

たとえ低金利であっても、現状の金利がいつまで続くのか?
固定金利なら経済的な計画が立てやすいメリットを得られます

最後は、自分で判断をして決断することです
金融機関で相談してみてもいいでしょう

住宅ローン 計算.jpg




posted by まる at 16:24| 住宅ローン 計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。